山野上内科クリニック

安芸郡海田町の病院 山野上内科クリニック

病院案内
医療情報

HOME»  ピロリ菌除菌療法

ピロリ菌除菌療法

■ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ、Hericobacter pylori)とは

胃のなかに生息している細菌です。
ウレアーゼを産生し、胃の酸から自分を守っています。
萎縮性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因になっています。
がんの発生とも重要な関わりがあることがわかってきました。

 

ピロリ菌は胃の粘膜に生息しているらせん形の細菌。ピロリ菌は「ウレアーゼ」という酵素によって生成されるアンモニアを利用して身の回りをアルカリ性にすることで胃酸を中和しています。

 

・年齢が高くなるほど感染率が高く、衛生状態が不完全だった昭和30年以前に生まれた世代では80%と高くなっています。

・胃・十二指腸潰瘍の患者さんの90~100%がピロリ菌に感染しています。

ピロリ菌を除菌すると潰瘍の再発率が著明に下がります。

 

ピロリ菌を除菌すると潰瘍の再発が抑制されます(1年間に再発する人の割合の図)

 

■ピロリ菌の存在診断

胃カメラの時、胃の中の組織片を採って簡単に検査できます。(迅速ウレアーゼ試験)

 

■除菌療法

胃酸を下げる薬と、抗生物質を1週間服用します。
除菌の成功率は約80%です。
不成功の場合、別の薬で再度除菌を試みることもできます。

 

■除菌療法の副作用

1)軟便(13.7%)、下痢(9.1%)
2)味覚異常(3.5%)
3)肝機能障害(5%)
など

また、ごくまれに薬剤性出血性大腸炎が起こることがあります。

 

◆対処法

多くは一時的なもので、内服終了すれば消失します。

出血や強い痛みを伴う下痢の場合は、直ちに内服を中止し、下痢の治療をしなければなりません。急いで連絡してください。

除菌成功例の5~10%に、びらんや逆流性食道炎が起こることがあります。
多くは症状は軽く、治療の必要はありません。

これまでに薬のアレルギー、特にペニシリンアレルギーがあった方は除菌療法はできません。治療前に必ず申し出てください。

 

お問い合わせ

お問い合わせ